就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

会社を守る就業規則 ポイント① 法律の基準を基本に作成する

就業規則は、法律基準を基本に作成する

a0002_002278_m
就業規則は、こちらの就業規則を作成しないデメリット1
でも書いていますように、会社を守る唯一のものです。

では、「会社を守る就業規則」を作成するには何を注意す
れば良いのでしょうか?

ここでは、就業規則を「会社を守る」という視点から、注意
すべきポイントをいくつかお話ししていきたいと思います。

 

就業規則を作成する場合、労働時間や、休憩、有給休暇等、労働基準
法等の法律の制限を受ける項目があります。

このような法律の制限を受ける項目を規定する場合、法律の基準を下
回ることはもちろん許されません。

しかし、法律を上回る基準を定めることは、全く問題ありません。

 

例えば、有給休暇を法律の基準以上に付与するとか、定年を70歳まで
にするなどが考えられます。

 

しかし、ここで注意することがあります。

法律を上回る基準にすること自体は、良いのですが、もし、法律を上回る
基準にする場合には、会社としてよく検討する必要があります。

 

と言うのは、就業規則は、たとえ、法律の基準を上回っていたとしても、一
度、定めてしまうと、従業員の既得権益となってしまって、いくら法律の基

準に戻すと言っても、従業員にとって不利益な変更となる場合には、

会社は、一方的に変更することは出来ないのです。

少し矛盾するように思えるかもしれませんが、法律上はこのような取扱い
がされます。

 

a0002_001422_m

ですから、就業規則を作成する場合に、安易に法律の
基準以上の内容で規定してしまうと、後々になって、会

社にとって大きな負担となってしまう場合があります。

 

就業規則を作成する目的には、労働条件を明確にして、
従業員に安心感を与えることもあります。

できない約束」をしてしまうと、かえって、従業員に不安を与えることとなってしまいます。

従って、就業規則を作成する場合には、まず、法律の基準を基本に作
成し
、その後、会社の体力や実情に合わせて、変更していくことをお勧

めします。
◆会社を守る就業規則 他のポイントはこちら

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top