就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

各種規程作成のポイント③ 退職金規程について -3-

規程と積立方法について相談する相手が、違うことが問題発生の大きな原因です。

Businessmen in Meeting
各種規程作成のポイント②でもお話ししましたが、
退職金制度を導入する場合には、退職金の支給額と

その積立方法を同時に検討することが重要である
と書きました。

 

 

では、逆の視点で、何故、退職金の支給額とその積立方法との間で、積立不足等の問題
生じてしまうのでしょうか?

これは、

退職金規程を相談する相手と積立方法を相談する相手が違うことが最大の要因と言えます。

退職金規程の作成に関しては、私のような社会保険労務士といった法律の専門家
依頼することが多いといえます。

退職金規程には、勤務年数による支給額や退職金の計算方法等を記載しますが、
極端な話し、それ自体は、机上の空論でも構わないのです。

 

つまり、規程を作成する側は、必ずしも退職金の支給額の原資についてまで関与する
必要はないのです。

一方、退職金の積立方法については、金融機関や保険関係の専門家に相談する場合が
多いと言えます。

 

この場合、どうしても自社の金融商品を販売したい、という思いが出てきます。

 

例えば、本来なら、規程による退職金の支給額から計算して、毎月10万円の積立を
しなければならない場合に、

経営者が、

「その金額では少し苦しいな」

となった場合に、

「では、半分だけの金額にしておきましょうか?」

といったセールスは、当然行われます。

それ自体は、それでも良いのですが、もし、積立金を半分にしたら、退職金の支給額も
半額にする必要があります。

しかし、金融機関や保険会社の営業マンは、たとえ当初の半額でも、自社の商品が
売れれば、それで終わり、というところがあります。

 

結果的に、退職金規程と積立金との間で、積立不足という大きな問題が発生してしまう
結果となってしまうのです。

 

このような問題を避けるには、一番良い方法は、退職金規程に関する法律と金融商品等に
ついての両方の知識を持っている専門家に依頼することです。

もし、それが無理でしたら、なるべくそれぞれの相談者に、それぞれの現状をよく説明しながら
制度導入を進めていくことが重要です。

いずれにしても、

規程と積立方法に関して、相談する相手が違うために、大きな問題が起こりやすい、

ということをご理解下さい。

 

◆その他の各種規程作成のポイント

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top