就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

各種規程作成のポイント④ パートタイマー就業規則について

今後、益々、パートタイマー就業規則が重要となってきます。

075-photo
パートタイマー就業規則は、必要ですか?

といったご質問を受けます。

ところで、就業規則は、本来は、雇用している全ての
従業員を対象として作成されるものです。

 

特に、法定労働時間や休憩、休日、有給休暇など、労働基準法に定められている
事項については、正規社員だけでなくパートタイマーやアルバイトといった、

いわゆる非正規社員についても適用されます。

 

しかし、いま挙げた、労働基準法の制限を受けない事項に関しては、どのような扱いを
するかは、基本的には、会社側の任意に任せられています。

 

例えば、「賞与」を例にしてご説明してみたいと思います。

「賞与」は、本来は、会社にその支払いの義務はありません。

ですから、賞与を全く支給しなくても法律上問題は全くありません。

ですから、その支払いの額や計算方法や支払いの対象となる従業員も、会社が、任意に
決めることができます。

ですから、正社員とパートタイマー等で業務内容等が違えば、「賞与は、正規社員に
のみ支払う」と決めることも可能です。

 

しかし、同じ会社で、賞与が支払われる従業員とそうでない従業員が混在するということは、
明確なルールがなければ、トラブルの原因となりかねません。

ですから、賞与のように、正規社員とパートタイマー、アルバイトといった非正規社員との
間で異なった取扱いをする場合に、何らかの形でそれを明確化する必要があります。

それが、パートタイマー就業規則となります。

ですから、逆に言えば、正規社員も非正規社員も同等な取扱いをするのであれば、
パートタイマー就業規則は、必要ないと言えます。

 

ただ、現在の経済情勢では、今後、益々、パートタイマーやアルバイトの従業員の雇用が
増えてくると予想されます。

先程、書きましたように、正規社員と非正規社員と同等の取扱いをするのであれば問題ない
のですが、どうしても異なった取扱いをせざる得ない場合が生じると言えます。

そのような場合には、就業規則の他にパートタイマー就業規則を作成することが必要と
なってきます。

 

◆その他の各種規程作成のポイント

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top