就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

各種規程作成のポイント⑤ 短時間正社員規程について

今後、短時間正社員制度が注目されます。

010-photo昨今、「短時間正社員」と呼ばれる、新たな雇用の
形態が用いられるようになってきています。

短時間正社員とは、正社員に比べて、働く時間短い
のですが、仕事の内容なその責任においては、

正社員と同じという雇用形態となります。

 

同じ、働く時間が短いパートタイマーやアルバイトといった社員と違うのは、従事する仕事の
内容や仕事に対する責任の重さと言えます。

短時間正社員は、短時間と言えどもあくまで「正社員」ですので、

正社員と同じ仕事の内容で責任を有することとなります。

 

育児休業から復帰した場合や介護等の理由で正社員と同じだけ働くことが困難な社員に
とっては、その能力等を生かせる機会が広がることで、今後、広く利用されることが

期待されています。

しかし、ここで注意すべき点は、短時間正社員は、いくら「正社員」と同じと言っても、実際に、
労働時間や残業、休日出勤等において、「正社員」と異なる取扱いをせざる得ない事項が

あります。

 

ですから、短時間正社員制度を導入する場合には、正社員と異なった取扱いをする事項に
ついて規程を作成して明確化する必要があります。

そして短時間正社員において重要なことは、一口に短時間正社員と言っても、各社員に
おいて事情がそれぞれ異なります。

例えば、残業は出来なくても、休日出勤は可能な社員もいるでしょう。あるいは、遠距離の
出張が不可能な社員も出てくるでしょう。

 

ですから、重要となってくるのが個別の雇用契約書となってきます。

つまり、短時間正社員制度を導入する場合には、短時間正社員規程で、正社員と異なる
事項を記載し、個々の条件については、雇用契約書で対応することが重要となってきます。

 

◆その他の各種規程作成のポイント

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top