就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

就業規則作成・変更と労働基準法について①「絶対的記載事項」と「相対的記載事項」


就業規則を作成・変更する場合、労働基準法との関連で注意すべき点がいくつかあります。
ここでは、「絶対的記載事項」と「相対的記載事項」についてご説明していきたいと思います。

絶対的記載事項

022-photo労働基準法により、就業規則を作成する場合、必ず記載
しなければならない項目が定められています。

これを「絶対的記載事項」と言います。

絶対的記載事項が未記載の場合、

労働基準監督署に届出しても受理されない場合

があるので注意が必要です。

絶対的記載事項は具体的には以下の事項となります。

・始業、終業の時刻
・休憩時間
・休日
・休暇(年次有給休暇、育児休暇など)
・交替勤務について
・賃金の決定方法、計算方法
・賃金の支払の方法
・賃金の締切日と支払の時期
・昇給について
・退職、解雇、定年の事由及び手続き

なお、始業、終業の時刻についてですが、始業、終業時刻が個別に異なる場合、
基本的なものを記載して、具体的には、個別の労働契約等で定める旨の規定を

設けることで差し支えないとされています。

相対的記載事項

021-photo「相対的記載事項」とは、会社で制度を定めた場合
には、必ず記載しなければならない事故を言います。

相対的記載事項は、以下となります。

・退職金に関する事項
退職金が支払われる労働者の範囲
退職金の決定方法
退職金の計算方法
退職金の支払の方法
退職金の支払の時期
・賞与に関する事項
・労働者の食費、作業用品その他の負担に関する事項
・安全及び衛生に関する事項
・職業訓練に関する事項
・災害補償及び業務外の傷病扶助に関する事項
・表彰及び制裁の種類と事由に関する事項
・その他、当該事業所の労働者の全てに適用される事項

上記の事項については、会社の制度として定めるか定めないかは、使用者の
自由ですが、一度、定めてしまうと労働者の権利となります。

相対的記載事項につきましては、一度、規定してしまうと労働者の権利となりますので、
一度、定めた制度を廃止又は基準低下を伴う変更は、労働者にとっての不利益な変更と

なりますので、廃止又は変更には労働者の同意等が必要となりますのでご注意ください。

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい。
>>「就業規則作成・変更と労働基準法について② 労働基準法との優位性について」

社会保険労務士 松本 容昌

佐々木さん3

toiawase1

Return Top