就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

就業規則の作成義務

常時10人以上雇用する場合に作成義務が生じます

061-photo
常時10人以上の労働者を雇用する使用者は、就業規則を作成する必要があります。

まず、就業規則の作成について、問題となってくるのが、「常時10人以上」です。

「常時10人以上」とは、一時的に10人未満になることがあっても、常態として10人以上の労働者を使用していることを言います。

また、この場合の10人以上には、パートタイマーやアルバイトといった臨時的な労働者も全て含まれます。

ですから、例えば、正社員は5人であっても、パートタイマーやアルバイト等を含めて常時10人以上の労働者を雇用している場合には、作成義務が生じることとなります。

さらに、就業規則の作成義務はあくまで、労働者数で判断されるのであって、労働時間や労働日数は、考慮されません。

従って、極端な例ですが、雇用している全労働者の労働時間が、1日1時間であっても、常時10人以上雇用していれば、就業規則の作成義務は生じることとなります。

ただし、派遣労働者は含みません。(派遣労働者は、派遣元の事業場でカウントします。)

就業規則は、事業場ごとの単位で作成されます。

013-photoところで、労働者が10人以上であるか否かの判断は、企業単位でみるのではなく、1つひとつの事業場単位で判断されます。

例えば、1つの企業が、2つの工場を有している場合に、それぞれの工場に労働者が8人ずつ雇用している場合に、企業全体の労働者数は、10人以上ですが、それぞれの工場では、労働者数が10人未満ですので、就業規則の作成義務は生じないこととなります。

ただし、就業規則の作成義務が無い事業場であっても、働く上でのルールである就業規則を作成することが望ましいことは言うまでもありません。
 
 
 
-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労災保険料や労災保険の手続き関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568
(静岡)053-474-8562

対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top