就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

就業規則と労働基準法③ 休憩時間について

休憩時間は、労働時間の長さによって決まります。

a0150_000061_m休憩時間については、就業規則において必ず記載
しなけばならない事項(絶対的記載事項)となります。

(>>絶対的記載事項についてはこちら

ところで、休憩時間についても、労働基準法において
定めがあるので、就業規則でも、法律の基準を

満たした内容にしなければなりません。
まず、休憩時間の長さですが、これは労働時間の長さによります。

 

具体的には、労働時間が6時間以下でしたら、休憩時間は、必要ありません。

そして、労働時間が、6時間を超え8時間以下の場合、45分必要となり、

8時間を超える場合には、1時間休憩時間が必要となります。

つまり、1日8時間労働の場合は、本来は、休憩時間は45分で良いのです。

 

しかし、この場合の労働時間とは、実際に働いた労働時間のことを言うので、
本来、決められている労働時間(所定労働時間と言います)が、8時間であっても、

極端な話し、1分でも残業してしまうと、休憩時間が15分足りなくなってしまいます。

 

さらに、休憩時間は、労働基準法で、仕事中に与えることとされています。

つまり、仕事が終わってから、休憩時間を与えることは出来ないのです。

 

ですから、極端な例ですが、1日の労働時間が8時間で、休憩時間を45分と
した場合、1分残業するには、終業時刻から15分休憩してから1分間の残業

する、という従業員にとっても負担がかかる、取扱いをしなければならなく
なってしまいます。

 

ところで、休憩時間は、8時間以上労働する場合に1時間与える、とだけ
定められいます。

これは、

労働時間が何時間になっても、休憩は、1時間だけ与えれば良いこととなります。

 

つまり、最初から休憩時間を1時間として、従業員と雇用契約を結べば、
休憩時間不足の管理をする必要が無くなります。

 

ですから、私もクライアントの方には、可能な限り休憩時間は、最初から
1時間とするようにアドバイスをしています。

また、休憩時間は、必ずしもまとまって与える必要はなく、分割して与えること
もできます。

 

例えば、1時間の休憩を与える場合に、昼休みに1時間与える必要はなく、
午前5分、昼休みに45分、午後に10分という形で休憩を与えても、法律上、

全く問題ありません。

 

いずれにしても、休憩時間は、少し盲点になりやすいところがあるので、ご注意下さい。

◆就業規則と労働基準法その他の記事はこちら

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top