就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

就業規則と労働基準法④ 有給休暇について-1-

有給休暇は、従業員に与えられた権利となります。

Empty Office Chair and Desk有給休暇とは、働かなくても、会社から給料が
支払われる日のことを言います。

有給休暇は、

労働基準法で定められた従業員に与えられた権利

となります。

有給休暇についての詳しい説明は、省略させて
いただきますが、ここでは、就業規則における

有給休暇の記載に関する注意点をお話ししたいと
思います。

まず、有給休暇は、就業規則を作成した場合には、必ず記載しなければならない
事項である絶対的記載事項にあたります。(>>絶対的記載事故についてはこちら

ですから、有給休暇については、必ず就業規則に記載する必要があります。

 

また、従業員に与えられる日数も法律で定められているので、その基準を
下回った日数を記載することはできません。

仮に法律の基準を下回った日数で、就業規則を作成しても、その部分は
無効となってしまいますのでご注意下さい。

 

また、ここは、多くの社長様が勘違いされているのですが、有給休暇は、
全ての労働者に与えられた権利となります。

ですから、当然、パートタイマーやアルバイトといった正規の従業員で
ない従業員も有給休暇の権利が発生します。

 

よく「パートタイマーやアルバイトには有給休暇は無い」といった事を言う人が
いますが、これは明らかな間違いです。

 

ですから、就業規則に、

パートタイマーやアルバイトには有給休暇は無しとする、

といった定めをしても、無効となってしまい、たとえ、そのような規定があっても、
パートタイマーやアルバイトにも、法律上、有給休暇の権利が発生しますので、

是非、この点は、正しくご理解下さい。

 

有給休暇は、従業員にとっても関心が高い事項ですので、誤った取扱いを
してしまうと大きなトラブルに発展してしまいますので是非ご注意ください。

 
 
◆就業規則と労働基準法その他の記事はこちら

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top