就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

就業規則と労働基準法⑤ 有給休暇について-2-

有給休暇の申請時期には、ご注意下さい

011-photo
就業規則において、有給休暇について規定を定める
場合に、就業規則と労働基準法④でお話しした以外

にも注意すべき点があります。

 

まず、有給休暇の申請の時期についてですが、
法律的には、有給休暇は、前日までに申請すれば

良いこととされています。

 

しかし、現実問題として、前の日の終業時刻間近に有給休暇を申請してこられれば、
業務に支障が出てしまう場合も考えられます。

ですから、就業規則においては、1週間程度前に申請するような規定に
すれば良いでしょう。

 

ただ、ここで覚えておいていただきたいのは、

もし、有給休暇の申請が、1週間前までにできなくても、有給休暇を与えなくても良いか?

というとそうではありません。

 

あくまで法律上は、前日までに申請すれば良いこととなっているので、
就業規則に記載されている申請時期は、

あくまで業務に支障をきたさないためのルールとして、従業員に協力して
もらうための意味合いとして、と考えていただきたいと思います。

このように、有給休暇は、法律上は、前日までに申請する必要があります。

 

となると、見方を変えると、前日までに申請しなかった場合には、従業員は、
有給休暇を取得することができない、こととなります。

 

つまり、有給休暇は、事後に取得の申請があった場合には、会社はそれを
認める必要はないのです。

 

ただし、事故や急病等でやむを得ない場合も考えられますので、

就業規則には、

「有給休暇は、事後の申請を認めない」

としっかりと書いて、

「ただし、事故や急病等でやむ得ない場合には、事後の申請でも、認める場合がある」

と書いておくと良いでしょう。

 

また、有給休暇は、従業員に与えられた権利ですので、取得する理由も
基本的には自由とされています。

 

ですから、有給休暇を申請する際に、その理由まで申請させ、その理由に
よって、有給休暇の取得を認める、認めないを判断するのは、法律に

反することとなりますのでご注意下さい。

 
 
◆就業規則と労働基準法その他の記事はこちら

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top