就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q35 勤務時間中の怪我でも労災保険が使えないのですか・・・?

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

a1180_006264_m「先日、同業者が、従業員が、勤務時間中に怪我をしたのに、労災保険を使うことがでできなかった、と言っていたのですが、勤務時間中の怪我でも労災保険を使うことが出来ない場合があるのですか?」

【回答】

「業務災害に認定されるためには、勤務時間中に負傷等するだけでなく、負傷の原因となる事故が、業務との間に相当因果関係が有る必要があります。」

【解説】

a0002_011332_m
ご存知のように、従業員が、業務災害により、負傷等した場合には、労災保険(労働者災害補償法)より保険給付を受けることができます。

逆な見方をすれば、労災保険から保険給付を受けるには、負傷等の原因となった事故が、業務災害である必要があります。

 

労災保険法(労働者災害補償保険法)では、業務災害に該当するか否かは、業務遂行性の有無、及び業務起因性の有無によって判断されます。

業務遂行性とは、従業員が事業主の支配下(=管理下又は指揮命令下)にいたか否かで判断されます。勤務時間中は、通常、業務遂行性があると判断されます。

業務起因性は、その負傷等の原因となった事故と業務との間に相当因果関係が有ったか否かで判断されます。

ですから、業務災害に該当するには、単に勤務時間中の事故だけでなく、その事故の原因が、業務と相当因果関係が有る必要があるのです。

例えば、勤務時間中に従業員との私的な喧嘩で負傷した場合、勤務時間中であるので、業務遂行性はあるのですが、事故の原因が、あくまで私的な喧嘩の場合、業務とは因果関係が無いと判断されますので、業務起因性が無いこととなり、業務災害とは認められず、

労災保険から保険給付を受けることはできません。

 

ちなみに、喧嘩の原因が、業務に関する感情の縺れからであれば、業務起因性が有ると判断される可能性が出てきます。

後、よくあるケースですが、介護事業所等で、利用者をベッドから降ろす際に、腰を痛めてしまった場合等も、業務災害と認められない場合があります。

意外に思われる方も多いかと思いますが、腰の負傷の場合、元々ヘルニア等の腰痛の持病を持っている場合には、負傷の原因が、業務ではなく、元々の持病が原因と判断される場合があります。

 

つまり、腰が痛くなったのが、たまたま勤務時間中であった、という解釈をされるのです。

ただ、持病があっても、予想外の負荷がかかった場合や想定外の事が起こってしまい、腰に負担がかかり腰を負傷してしまった場合には、当然、業務災害と認定される場合もあります。(腰痛の場合には、診断書に記載される病名が大きな判断要因となります。)

このように、業務災害と認定されるには、勤務時間中(業務遂行性)であるとということだけでなく、業務と相当因果関係があるという、業務起因性が認められる必要があります。

ただ、業務起因性については、少し判断が難しい場合もあるので、そのような時は、管轄の労働基準監督署に問い合わせるのが良いでしょう。

休憩時間中の災害でも労災保険の対象となる場合があります。

a0002_004890_m
なお、業務遂行性についてですが、休憩時間は、労働から離れることが保障され、自由利用が原則ですので、本来は、事業主の支配下にあるとは言えないのですが、休憩時間中の事故であっても、事業所内の施設(設備)の不備に起因する事故の場合は、業務を行なっていた訳ではありませんが、事業主の支配下での事故として、業務遂行性が有る、と判断されます。

また、事業所外にいた場合でも、業務命令による出張中の事故は、明らかな私的行為中(例えば、パチンコ等のギャンブルをやっていた場合、業務以外の理由で友人と会っていた場合や飲食店等で酒を飲んでいた場合など)を除き、当然「業務遂行性有り」と判断されます。

IMG_3071-3社会保険労務士 松本 容昌

こんな記事も読まれています

 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

04

難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
登録はこちらをクリック
>>無料メールセミナー「労務365日」

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top