就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

Q120 平均賃金の計算方法について教えて下さい・・・。

【質問】

「当社では、従業員を会社の都合で休業させなければならない事態が発生してしまいました。
従業員を会社の都合で休業させる場合には、休業手当として平均賃金の60%を支払わな

ければならないとのことですが、平均賃金とはどのように計算するのでしょうか?」

【回答】

IMG_3071-7
「平均賃金は、原則として平均賃金を算出する事由の発生した日以前3か月間に、その従業員に支払われた賃金の総額を、その期間の暦日数で除して計算します。」

【解説】

066-photo
平均賃金は、労働基準法等で定められている解雇予告
手当や休業手当、減給制裁の制限額を算定するとき

などの基準となる金額です。

平均賃金の計算は、少し複雑なところがあるので、
ここではまず基本的な計算方法と注意すべきポイント

について説明していきたいと思います。

平均賃金の基本的な計算方法は、平均賃金を算出する事由
の発生した日以前3か月間に、その従業員に支払われた賃

金の総額を、その期間の暦日数で除して計算します。

 

少し具体的に説明しますと、まず、「平均賃金を算出する
事由の発生した日」とは、例えば、ご質問のように従業員

を会社の都合で休業させて休業手当を支払う必要が、
あるのなら、従業員を休業させる日が、「平均賃金を

算出する事由の発生した日」となります。

 

ですから、平均賃金は、従業員を休業させる日以前、
3ヶ月間に支払われた給料を基に計算します。

詳しくはこちら
>>「平均賃金の計算方法について」

 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

04

難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
登録はこちらをクリック
>>無料メールセミナー「労務365日」

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行って
おりますので、労務管理に関するご質問等ありました

らお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568
(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)  休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が
生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下
さい。)

banner_muryo

Return Top