就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q14 役員でも雇用保険に加入できるのでしょうか・・・?

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

028-photo
「先日、同業社の役員の方が、退職した後、雇用保険の失業等給付を貰うことができた、と話していました。役員は、雇用保険には加入できないと聞いていたのですが、どういうことでしょう?」

【回答】

「はい、取締役であっても労働者性が強い場合には、雇用保険に加入できる場合があります。ただし、兼務役員の証明をもらう必要があります。」

【解説】

022-photo

雇用保険は、退職などで失業の状態となった労働者に、一定期間、失業等給付を支給して、労働者の生活の安定を確保するすることを主な目的とした制度です。

従って、

雇用保険は、あくまで労働者を対象としている制度です。

ですから、個人事業主や法人の代表取締役はもちろん、取締役等も原則、雇用保険に加入にすることはできません。

ところで、法人の取締役の場合、特に中小企業のにおいては、取締役であっても、労働者性が強いことが多々あります。

ですから、雇用保険では、取締役であっても、

労働者としての身分の方が強い場合には、雇用保険への加入を認めています。

 

ただし、単純に労働者性が強いだけでは、雇用保険に加入することは出来ず、取締役の、雇用保険への加入が認められる場合には、兼務役員の証明を取る必要があります。

この兼務役員の証明を得て、取締役は、初めて雇用保険へ加入することができます。

逆に言えば、もし、この兼務役員の証明が無いのにも関わらず、取締役が、雇用保険に加入している場合には、取締役が、退職した時であっても、失業等給付を受給できない、という理屈となります。

ですから、もし、取締役の方で、雇用保険に入っている方がいて、兼務役員の証明が無い場合には、兼務役員の証明を取るか、雇用保険の資格を喪失させるかの手続きを取る必要があります。

 

ところで、兼務役員の証明を取るには、労働者性が強い必要がありますが、取締役の労働者性については、労働時間、報酬、従事している業務内容等で判断されます。

従って、兼務役員の証明を申請する場合には、出勤簿やタイムカード、賃金台帳、取締役会議事録、決算書類、就業規則、組織図等を添付します。

 

では、取締役の労働者性についていくつかポイントをお話したいと思います。

まず、労働者であるためには、会社に労働時間の管理をされている理屈となります。

従って、出勤簿又はタイムカード等の労働時間の状況がわかる種類が不可欠となります。
 
<スポンサーリンク>


報酬の支払い方が重要なポイントとなります。

a0002_003051_m
また、労働者性の判断に重要な要素となるのが、報酬です。

労働者は、通常、給料で報酬が支払われますが、取締役の場合は、役員報酬で支払われます。

ですから、取締役の報酬が、全額、役員報酬の名目で支給されていたら、実際の仕事の内容が労働者と同じであっても、「労働者では無い」とみなされてしまう可能性が強くなります。

従って、労働者性が強い、と認められるには、少なくとも報酬の2分の1以上が、給料で支給されている必要があります。

 

そして、報酬に関しては、実は、もう1つ重要なポイントがあります。

それは、決算書です。

つまり、決算書類上も支払われている報酬が、給料で処理されている必要があります。逆に言えば、いくら毎月の報酬が給料の名目で支給されていても、決算書類上、役員報酬で処理されていたら、労働者性が否定される可能性が強くなってしまいます。

実は、このようなケースが非常に多いのです。

と言うのは、決算業務を行うのは税理士等であるため、税理士や経営者の方自身が、この兼務役員という概念がなければ、通常は、役員報酬で処理されてしまうからです。

 

このように、取締役の労働者性の判断は、結果的には、書類上で判断されてしまうことなってしまいます。

もちろん、考え方は、労働者性が強いから、必然的に、それを裏付ける書類があるはず、という考え方となるのですが・・・。

以上のように、法人の取締役であっても、労働者性が強いと認められ、兼務役員の証明を取ることができれば、雇用保険に加入することができ、退職後に失業等給付を受給することも可能となります。
 
<スポンサーリンク>


代表取締役や個人事業事業主の雇用保険への加入はあり得ません。

a0001_011463_m
ところで、もちろん、全ての取締役を雇用保険に加入させる必要はなく、実際に、労働者ではなく、あくまで取締役として業務に従事するのであれば、雇用保険から脱退することとなります。

なお、兼務役員の証明に関しては、各ハローワークにおいて、添付書類や取扱いが異なる場合がありますので、詳細につきましては、事務所を管轄しているハローワークへお問い合わせ下さい。

なお、個人事業主や法人の代表取締役は、「労働者性が強い」ということはあり得ないので、どのような場合であっても、雇用保険に加入すること出来ませんのでご注意下さい。

 
<スポンサーリンク>


労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」


難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

こんな記事も読まれています

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、役員の雇用保険に関する疑問点、兼務役員の証明手続きに関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562

対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top