就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q33 休憩時間は、45分間でも大丈夫なのですか・・・?

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

001250_m

「当社では、1日の勤務時間が、8時間で、休憩時間を1時間としています。先日、同業者の方から、勤務時間が8時間の場合、休憩時間は、45分でも大丈夫、ということを聞いたのですが、本当でしょうか?もし、45分間で良いのなら、15分でも従業員は、早く帰ることができるので、社内規定を変更したいと思います。」

【回答】

「はい、確かに労働基準法上では、1日の労働時間が8時間超えない場合には、休憩時間は45分間与えれば、足りるとされています。しかし、時間外労働を考慮すると、休憩時間は1時間の方が、時間管理が楽となります。」

【解説】

a0002_004890_m労働基準法では、休憩時間を労働時間の長さによって定めています。具体的には、1日の労働時間が、6時間以下の場合には、休憩時間を与える必要が無く、6時間超え8時間以下の場合、最低45分間、8時間を超える場合には、最低1時間の休憩時間与える必要があります。

ですから、ご質問のように、1日の労働時間が8時間であれば、45分間で足りることとなります。

しかし、ここで2つの点に注意する必要があります。

まず、労働時間ですが、これは、あくまで雇用契約上の労働時間でなく、実際に働いた労働時間を基にします。

ですから、たとえ、雇用契約上、1日の労働時間が8時間であっても、極端な話し1分間でも時間外労働をさせた場合には、1時間の休憩時間を与える必要があります。

そして、もう1つの注意点ですが、休憩時間は、労働時間中に与える必要があります。

つまり、労働を終了してから、休憩を与えるということは法律上認められないのです。

となると、ご質問のように、休憩時間を45分間に変更すると、休憩時間の管理に不都合が出て来る場合があります。

1日の労働時間が8時間で、時間外労働が、100%無いのであれば、休憩時間を45分間としても良いのかもしれませんが、もし、時間外労働が、必要となった時に、休憩時間をさらに15分間与える必要が出てきます。

また、先程、言いましたように、休憩時間は、労働時間中に与える必要があるため、例えば、30分間の時間外労働をさせる場合、30分間の時間外労働時間中の何処かで休憩時間を与える必要が出てきます。

このような場合、従業員にとっては、時間外労働を終えて早く帰宅したいのに、15分間余計に会社に残らなければならない、という印象を与えてしまいます。

その結果、労働基準法に定められた休憩を取らない、という状況がまん延してしまう可能性もあります。

休憩時間は、1時間に設定しておく方が、時間管理が楽です。

a0830_000395_m
ところで、労働基準法で定められている、休憩時間と労働時間との関係は、1日の労働時間が8時間を超える場合には、最低1時間の休憩を与えれば良いとされているだけです。

つまり、1日の労働時間が、何時間に及んでも1時間の休憩時間を与えてさえいれば、法律の基準を満たしていることとなります。

たとえ、1日の労働時間が、8時間であっても、最初から休憩時間を1時間と定めておけば、時間外労働が、何時間に及んでも休憩についての時間管理は、必要なくなることとなります。

ですから、休憩時間に関しては、最初から1時間と規定する方が、労務管理上において管理がしやすいと言えます。

なお、休憩時間は、必ずしもまとまった時間でなくても、分割で与えても問題ありません。

例えば、1時間の休憩を午前10時から5分、昼食休憩を45分、午後3時から10分という形で与えても、法律上全く問題ありません。

◆こちらの関連記事も是非お読み下さい

 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」


難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top