就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q75 妊娠中の従業員の対応について教えて下さい・・・。

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

075-photo「当社では、出産を控えた従業員がいます。

本来なら、産前休業に入っても良い時期なのですが、
経済的な事情もあり、可能な限り働きたいとのことです。

ただ、通常の体では無いので、会社としては、どのよう
な点に注意すべきでしょうか?」

【回答】

「労働基準法に規定があり、妊娠中の女性が請求した場合には、他の軽易な業務に転換させなければならないとされています。」

【解説】

a0002_002942_m
産前休業は、労働者が、請求した場合に、使用者は、
休業を与える必要があります。

ということは、労働者が、産前休業を請求しなければ、
出産直前まで労働者に労動させても法律上問題はあ

りません。

 

しかし、通常の身体ではありませんので、業務が母
体に与える影響を、当然考える必要があります。

この点に関しては、労働基準法に規定があり、

妊娠中の女性が請求した場合には、他の軽易な業務に転換させなければならない

とされています。

詳しくはこちら
>>「妊娠中の従業員の保護について」

 

追伸

バナー-2現在、当事務所では、手間もかけずに、高度な知識も必要としないで、労働トラブルを防止する
方法を知ることができる無料メールセミナーを発行しています。

労働トラブルを防止のための最も重要なポイントを、7回のメールセミナーでわかりやすく解説してあります。

上のバナーをクリックすると詳しい内容が分かるようになっています。
あなたのメールアドレスを登録して、ぜひ入手してください。

banner_muryo

Return Top