就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q37 傷病手当金という制度があると聞いたのですが・・・。

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

a0006_001790_m

「当社の従業員が、病気で長期休業することとなりました。このような場合、健康保険の傷病手当金が利用できると聞きました。
傷病手当金とはどのような制度なのでしょうか?また、有給休暇との関係についても教えて欲しいのですが。」

【回答】

「はい、業務外の病気又は怪我等で、労務不能となった場合には、健康保険から傷病手当金が支給されます。ただし、有給休暇等で給料が支給された日については、傷病手当金は支給されないか減額されます。」

【解説】

ヘッダー4
健康保険制度には、従業員が、業務外の病気や怪我等で労務不能となり、休業を余儀なくされた場合に、一定の所得を補償する傷病手当金制度があります。

傷病手当金についてはいくつかの要件があります。

まず、働くことが出来ない状態、専門用語で「労務不能」であることが必要です。

労務不能についての証明は、医師等に証明してもらうこととなります。具体的には、傷病手当金申請書に医師が、労務不能であることを証明する欄がありますので、そこに労務不能であること証明してもらいます。

 

そして、少し難しいのですが、傷病手当金を受給するには、「待期」が完成している必要があります。

傷病手当金は、労務不能の状態になった日から起算して、4日目から支給され、最初の3日間については、支給されないこととなっています。

この最初の3日間のことを「待期期間」と言います。「待期」は、労務不能の日が、3日間連続して初めて完成します。

ここで重要となってくるのが、労務不能の日が、3日間連続する必要があるのです。

例えば、最初の2日間、労務不能で休業し、3日目に出勤して、再び4日目に労務不能で休業しても、労務不能の日が、3日間連続していないので、待期は、完成したこととならないのです。

従って、この時点では、傷病手当金の要件を満たしていないこととなります。

 

ちなみに、4日目、5日目、6日目と労務不能で休業した場合には、6日目で待期が完成したこととなり、結果的に、7日目から傷病手当金は、支給されることとなります。

待期に関してよく質問を受けるのですが、途中で休日が入っている場合があります。待期については、あくまで労務不能の日が、3日間連続すれば良いので、たとえ、休日であっても、その日が、労務不能であれば、待期は、完成することとなります。

例えば、労務不能になった日が金曜日で、土曜日と、日曜日が公休日であっても、土曜日と日曜日が労務不能であれば、待期は、完成することとなります。

傷病手当は、休業1日につき標準報酬月額の66%が支給されます。

bus0011-001
傷病手当金は、1日につき、標準報酬日額(標準報酬月額の30分の1に相当する額)の66%が支給されます。

例えば、標準報酬月額が、30万円の従業員が、傷病手当金を受給する場合には、30万円÷30×66%=6,600円となり、1日につき6,600円が支給されます。

なお、傷病手当金は、労務不能の日について支給されるので、休業期間中に公休日が含まれている場合でも、その日が、労務不能であれば、支給されます。

 

最後に、有給休暇と関係ですが、有給休暇の取得目的は、基本的には問われないので、私傷病で休業を余儀なくされる場合であっても、有給休暇を利用することは全く問題ありません。

ただし、傷病手当金の申請期間において、給料が支払われていた場合で、その額が、傷病手当金の額よりも多い場合には、傷病手当金は、支給されないこととなっています。

ですから、先程、例で言えば、有給休暇の1日分の額が、6,600円以上支払われた場合には、傷病手当金は支給されないこととなります。

また、支払われた給料の額が、傷病手当金より少ない場合には、傷病手当金との差額が支給されることとなります。

これは、例えば、休業中であっても、手当等が支給される場合があります。

 

先程のケースを使って1つ事例を上げたいと思います。

標準報酬月額が、30万円の従業員が、4月1日から20日間休業したとします。休業期間中の基本給は、支給されなかったのですが、月額で支給されている、家族手当は、控除されず全額支給されたとします。

このような場合、休業期間中でも給料が支給されたとみなされるので、傷病手当金は、調整されます。

仮に、家族手当の額を月額3,000円とすると、1日の額は、100円となりますので、傷病手当金の支給額は、1日につき、6,600円-100円=6,500円が支給される計算となります。

ですから、もし、有給休暇の1日分の額が、傷病手当金の額よりも少なければ、差額が支給されることとなります。

以上が傷病手当金の概要と有給休暇との関係となります、ご参考になさって下さい。

IMG_3071-3社会保険労務士 松本 容昌

こんな記事も読まれています

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

04

難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
登録はこちらをクリック
>>無料メールセミナー「労務365日」

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top