就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q132 退職時の有給休暇は買取った方がメリットがありますか・・・?

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

Working at the Office
「退職を予定している従業員から、残っている有給休暇を買取って欲しいと言われました、もし、買取ってくれないなら、有給休暇を消化してから退職するとのことです。有給休暇を買取っても、消化して退職しても、当社としては、支払う金額は同じなので、早く退職してもらえば、社会保険料の負担も減りますので、買取りしたいと考えています。

ただ、有給休暇の買取りは違法、と聞いているのですが、退職時の有給休暇の買取りも違法なのでしょうか?」

【回答】

「有給休暇の買取りについては、禁止されていますが、退職時については、例外的に買取っても差支えないとされています。」

【解説】

a0002_002278_m有給休暇の買取りに関しては、法律で禁止されています。

有給休暇の本来の目的は、労働者に対して、心身の疲労を回復し、ゆとりある生活を保障するものであるため、有給休暇の買取りを認めてしまうと、「お金をもらえるなら、休まないで働く」となってしまい、有給休暇の本来の目的を逸脱してしまうため、有給休暇の買取りは禁止されています。

しかし、退職時においては、労働者は、引継ぎ等の関係で、有給休暇を消化しきれずに、退職せざる得ない状況も考えられます。

退職後に有給休暇を取得することはできないので、その分を買取ったとしても、有給休暇の本来の目的を阻害するわけではないので、退職時に限り、例外的に有給休暇の買取りを行っても差支えないとされています。

 

ところで、この規定は、あくまで「有給休暇を買取っても差支えない」とされているため、事業主に有給休暇の買取りを義務付けているものではありません。

ですから、事業主は、労働者からの有給休暇の買取りに必ずしも応じる必要はありません。

 

しかし、ご質問にもあるように、もし、事業主が、有給休暇の買取りに応じなければ、労働者は、有給休暇を取得してから退職する、という選択をするでしょうから、労働者に支払う金銭は同じとなります。

退職時は有給休暇の買取りに応じた方がメリットが有る場合があります。

a0008_001832_mとなると、有給休暇の買取りに応じた方が、退職日が、早まりますので、ご質問にもあるように、社会保険料の負担が減りますので、企業にとっても退職時の有給休暇の買取りは、メリットがあると言えます。

ところで、前々回、事業主の方には、有給休暇の申請に対して、通常の業務に支障が出る場合、有給休暇の時期を変更できる有給休暇の時季変更権についてお話しました。

 

では、退職時において有給休暇の買取りに応じなかったために、労働者が有給休暇を消化して退職する旨の申し出があった場合に、、事業主は、時季変更権を行使できるでしょうか?

この場合、退職の時期が決まっているため、有給休暇の時期を変更する余地がありません。

ですから、退職時については、有給休暇の時季変更権は、行使できないこととなります。

つまり、退職時に労働者が有給休暇の買取りの請求か、有給休暇を消化しての退職かを請求してきた場合には、事業主としてはどちらをに応じなければならない、ということとなります。

こんな記事も読まれています

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」


難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top