就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

Q29 退職届の撤回を言ってきたのですが・・・?

【質問】

a0001_011518_m
「先日、退職届を提出した従業員が、退職の撤回を申出てきました。当社としては、既に補充の従業員の採用を決めていて、今更、退職するのを止めた、と言われても困るのですが、退職の撤回に応じなけれなならないので

しょうか?」

【回答】

「退職の申出を既に会社が承認している場合には、撤回に応じる必要はありません。」

【解説】

a0008_001849_m
まず、ご質問の解説に入る前に、「退職願い」と「退職届」の違いについて簡単にご説明します。

まず、「退職願い」ですが、この場合、「退職願い」を出す段階では、あくまで会社にお伺いを立てている段階なので、会社がそれを承諾するまでは、退職の合意はされていないこととなります。

つまり、業員本人もあくまで退職を希望する段階で、退職を決めているわけではないと考えます。

それに対して「退職届」は、退職することを届出るわけですから、従業員自身が既に退職を決めているわけですから、退職の申出をした時点で、既に退職が決定していることと考えられます。

ですから、退職の申出が、「退職届」の形式で出されていれば、従業員は、退職の申出を撤回することはできない、と解されています。

つまり、退職の申出が、「退職届」の形で出されれば、従業員は、退職の撤回を申出ることはできないのですが、「退職願い」の形で出されれば、会社をそれを承認するまでは、退職の申出の撤回が可能という理屈になります。

 

ただし、理屈上はそうなのですが、たとえ、形式上は、「退職届」であっても、従業員も、一方的に退職できるとは思っていないため、実際は、「退職願い」の意味合いで出される、と考える方が無難と言えます。

ですから、形式が「退職届」だからと言って、それを理由に撤回に応じないないのは、リスクが残ります。

では、どのような取扱いをすれば良いのでしょうか?

会社が承認した後は退職の撤回はできなくなります。

a0002_002278_m

先程言いましたように、「退職願い」は、会社が退職の申出を承認するまでは、退職の申出の撤回ができるわけですから、逆に考えれば、会社が、退職の申出を承認した後は、撤回することができなくなります。
つまり、「退職届」の形であり「退職願い」の形であり、退職の申出がされた後に、会社がそれを承認させすれば、従業員は、退職の申出の撤回ができなくなります。

承認した後に、撤回の申出に応じるか否かは会社の自由となります。

 

つまり、退職の申出の撤回に関してトラブルを無くすには、なるべく早く会社が退職の申出を承認することです。(もちろん、退職しても差支えない従業員の場合です。)

では、ここで問題となってくるのは、「承認」です。実は、この「承認」については、法律的な定めがないのです。

中小企業のように退職の申出を社長に伝えて、社長がそれを承諾すれば、それ以降は、退職の申出の撤回はできなくなるこは、容易にわかりますが、直属の上司でしたらどうでしょう?

その上司がある程度の経営権を持っているのであれば、会社の承認と言える場合もあるでしょうが、通常は、直属の上司が承認しただけでは、会社が承認したこととはならないでしょう。

 

私は、退職の申出のトラブルを防ぐには、退職届(又は退職願)に、速やかに会社印を押印することをアドバイスしています

会社印には、当然、代表者の名前が入っているわけですから、会社の印が押してあれば、会社が承認したと客観的に証明ができます。

退職届(又は退職願)は、ただ、もらうだけでなく、このように少し工夫をすることで、無用な労働トラブルを防ぐことができます。

IMG_3071-3社会保険労務士 松本 容昌

こんな記事も読まれています

 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」


難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。

登録はこちらをクリック
↓↓↓
03

 

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行っておりますので、労務管理等に関するご質問等ありましたらお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568

(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)
休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下さい。また、せっかくお電話いただいても外出中の場合もありますので、その点もご了承下さい。)

banner_muryo

Return Top