就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q102 特定求職者雇用開発助成金の支給要件が変更されたと聞いたのですが・・・。

質問】

a0002_003650_m「当社では、これまで何回か特定求職者雇用開発
助成金を申請したことがあるのですが、最近、

この助成金の支給要件が、一部変更されたと聞き
ました。

 

具体的にはどのような点が変更されたのでしょうか?」

【回答】

「特定求職者雇用開発助成金の主だった改正点は、支給額が減額されたこと及び有期契約労働者が、助成金対象外(一部自動更新の場合を除く)となった点等が挙げられます。」

【解説】

特定求職者雇用開発助成金は、就職困難者(一定の障害者、母子
家庭の母等及び60歳以上の高齢者)をハローワーク等を通じて

雇用した場合に、支給されるものです。

この助成金は、ハローワークへ求人を出し、対象労働者が、応募
してきて初めて受給できるので、ある意味、運任せの助成金と言

えます。

しかし、その反面、特定求職者雇用開発助成金は、先程、挙げた
就職困難者をハローワークからの紹介で雇用することが、主な支

給要件となるので、助成金自体は、比較的利用しやすいものであ
ると言えます。

ところで、この特定求職者雇用開発助成金で、ご質問のように、
今年になって支給要件が何点か変更されました。

詳しくはこちら
>>「特定求職者雇用開発助成金の支給要件が変更されました」

 

追 伸:助成金についてさらに詳しく知りたいなら

バナーホームページ_レポート用【助成金活用無料レポート】※すぐにお手元に届きます。
「返済不要の助成金を活用し会社を発展させる7つのステップ」

助成金は、全ての会社が利用できる機会があります。

助成金申請100社以上、支給申請総額1億円以上の実績を持
つ社会保険労務士がお届けする・・・

>>無料レポートのお申し込みはこちらをクリック

banner_muryo

Return Top