就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

就業規則を作成しないデメリット③:「正社員」と「パートタイマー等」との違いが不明確となります

「正社員」と「パートタイマー、アルバイト」との違いが不明確となってしまいます

020-photo
私達は、普段何気なく「正社員」「パートタイマー」「ア
ルバイト」といった言葉を使いますが、実は、これらは

法律の用語ではないのです。

労働基準法には、「正社員」や「アルバイト」といった
言葉は出てきません。

労働基準法では、全て

「労働者」

とされています。

実は、「正社員」や「パートタイマー」、「アルバイト」といった言葉は、
労働時間や労働日数によって、労働者の身分をあらわすために便

宜的に使われているだけなのです。

ですから、労働基準法で定められている、有給休暇や割増賃金、
休憩時間等の労働者の権利は、正社員だけでなくパートタイマー、

アルバイトといった全ての従業員に与えられています。

 

しかし、労働基準法で定められていない事項、例えば、賞与や退職
金、休職制度、慶弔休暇等については、会社がどのような形で制度

を導入しても構わないとされています。

ですから、

「正社員以外のパートタイマーやアルバイトには、賞与や退職金を支
払わない」

「休職制度や、慶弔休暇は、正社員だけが利用できる」

という定めをしても法律的に全く問題ありません。

 

しかし、その事を就業規則にしっかりと記載しておかないと、トラブル
の原因やパートタイマーやアルバイトといった労働者に不信感を与

えることとなってしまう恐れがあります。
062-photo

 

例えば、正社員が慶弔休暇を取得しているので、パ
ートタイマーやアルバイトが、この会社には、慶弔休

暇制度があると思い込んでしまう可能性もあります。

初めから、就業規則にその旨が記載されていれば、
不信感を抱くことは無いのでしょうが、いざ利用しよ

うとした時に、慶弔休暇は、正社員だけと初めて知
らされれば、人間は、どうしても良い気持ちにはなれ

ないものです。

 

このように、就業規則が無ければ、会社内の制度が、「誰が使えて、
誰が使えない」のかが、非常に曖昧になってしまい、パートタイマー

やアルバイト等の労働意欲の低下に繋がってしまうことも十分考え
られます。

◆就業規則を作成しないその他のデメリットはこちら

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top