就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付
071-photo

知って得する就業規則作成のポイント① 入社時等の提出書類を充実させる

入社選考時や入社後の提出書類を充実させることが重要です。 従業員とのトラブルを防ぐために、最も有効な手段は、雇用する時に、いかに優秀な従業員を採用するかです。ただ、これは当たり前の...

a0008_001832_m

知って得する就業規則作成のポイント② 試用期間について

本採用の拒否理由は、具体的に記載することが重要です 試用期間は、雇った従業員の能力や技術力等が正社員にふさわしいか、判断する期間として多くの会社で導入されています。 しかし、この試...

a1180_001215_m

知って得する就業規則作成のポイント③ 休職開始時期について

休職開始までの期間は、2週間程度にする方がリスクが少なくなります。 就業規則を作成しないデメリット④でもお話ししていますが、うつ病等の患者の増大で、休職規定は、今後、益々会社にとっ...

349

知って得する就業規則作成のポイント④ 復職について

復職時には、会社が指定する医師の診断を受けさせることができる規定が必要です。 休職制度において最も難しい問題は、復職時だと言えます。 従業員が、病気や怪我が回復すれば、従来の仕事に...

a0001_011463_m

知って得する就業規則作成のポイント⑤ 定年について

定年の定め方には、注意が必要です。 数年前に、定年に関する法律が改定され、現在、定年に関する基準は、少し複雑となっています。 ところで、就業規則において、定年に関しては、必ず記載し...

banner_muryo

Return Top