就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

失敗しない就業規則作成・変更のコツ

現在、就業規則作成・変更サービスを行っている事務所はたくさんあります。

ただ、だからと言って「どこに依頼しても同じ」というわけではありません。

例えば、値段だけ見て判断してしまうと、後になって「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうことも少なくありません。

後になって後悔しないためにも、ここで「失敗しない会社設立のコツ」を知っておきましょう。

(1)あなたに合う依頼先を見つけるための、判断基準とは?

値段だけで判断してしまうと、あなたに合う依頼先を見つけることは難しくなってしまいます。

社会保険労務士を選ぶときは、以下のポイントもチェックするようにしましょう。

対応 社会保険労務士もサービス業ですので、「どんな対応をしてくれるのか?」はとても重要です。
例えば、上から目線で対応されてしまったとしたら、気分のいいものではないと思います。

やはり、気持ちのいい対応をしてくれる社会保険労務士でなければ、依頼するのもためらってしまうものと思います。
無料相談等の際には、まず「丁寧な対応をしてくれるか?」をチェックしましょう。

料金 料金も、判断基準としてとても大切なポイントです。

ただ、料金について注意しなければならない点は、よく社会保険労務士や税理士、行政書士等のいわゆる「士業」のホームページには、料金について「詳しくはお問い合わせ下さい」というような形で書かれている場合があります。

お客様からみれば、料金がわからないというのはすごく不安な事です。

これは一見、最もな事を言っているように思えますが、別の見方をすれば、自分の仕事に対しての価格の意識が定まっていないと言えます。

また、料金を表示していないということは、つまり「やってみないとわからない」ということですので、自身の仕事に対しての「自信の無さ」を表しているとも言えます。

どの士業でも、自分の仕事に自信を持っている事務所は、価格をはっきりと明示しているはずです。

こういったところもチェックすると良いでしょう。

経験 経験年数や、お客様の数などの実績も、税理士事務所を選ぶ一つの基準になります。

「どれくらいの経験年数があるのか?」
「今までに、どれくらいのお客様の対応をしてきているのか?」

こういったところも、チェックすることをお勧めいたします。

労務管理面へのアドバイス 労務管理面も含めたアドバイスができるのは、社会保険労務士です。
労務管理面のアドバイスも欲しい場合には、社会保険労務士事務所にご依頼いただくことをお勧めいたします。

助成金 助成金を活用するには、就業規則の規定を助成金の支給要件を満たすように定める必要があります。

助成金に関しては、積極的に取組む社会保険労務士もいれば、全く取扱わない社会保険労務士もいて、取組姿勢がはっきり分かれます。

助成金活用も視野にいれている場合には、ここもチェックしておくことをお勧めいたします。

労務顧問の有無 社会保険労務士事務所に就業規則作成・変更を依頼する場合、「労務顧問の有無」を選べるところと、選べない(必ず労務顧問もセットになる)ところがあります。

最初から労務顧問も依頼したい場合にはどちらでも大丈夫ですが、労務顧問が必要ない場合には、有無を選べるところにご依頼いただくことをお勧めいたします

(2)早めに相談してみる

001-photo
上記のポイントをふまえて、早めに相談してみることをお勧めいたします。

就業規則の作成・変更は、早く行えば、それだけトラブルを防止できる可能性が高くなります。

今までのお客様の事例ですと、例えば、

  • 社員数が増えてきたので、社内整備を早急に行いたい
  • 大きな労働トラブルが起きないか不安である
  • 優秀な社員を雇用するには、社内規程の充実が必要である

といったご希望をお聞かせいただいております。

このように、早めに設立したほうが良いことが多々あります。

今は、いろいろな事務所が無料相談を行っていますので、余裕があれば、比較してみるのも良いでしょう。

(3)無料相談で質問すべきこと

無料相談に行ったら、(1)で示したポイントをチェックするのはもちろん、

  • どんな事業を行う会社なのか?
  • 今、抱えている問題は何か?
  • 売上状況や社員数等の会社の概要

といったことを伝えることで、より詳細なアドバイスを受けることができます。

以上のポイントをチェックすることで、あなたに合う依頼先を見つけることができるでしょう。

参考になれば幸いです。

>>私たちの7つの特徴はこちら

Return Top