就業規則作成・変更サービス@静岡 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

【対応地域】静岡県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 愛知県

就業規則と労働トラブル防止⑤ 入社時の必要書類の提出期限について

入社時の必要書類の提出期限は、入社後1週間以内をお勧めします。

006-photo従業員を雇用する場合、面接等の採用試験時に
履歴書等の一定の書類を提出させ、採用の

可否を判断します。

そして、採用することとなったら、入社後、一定の
期間内にさらに必要な書類を提出させるケースが

通常かと思います。

 

入社後に提出させる書類は、各種保険関係書類の他に誓約書や身元保証書等
重要な書類が含まれる場合も多々あります。

 

さて、就業規則等で、入社後に提出させる必要書類に関しての定めを規定する
わけですが、ここで注意しなければならないのは、提出期限です。

 

モデル就業規則等では、この期間を「入社後2週間以内」としている場合が、
非常に多いと言えます。

しかし、労働トラブル防止の視点から考えると、提出期限を「入社後2週間
以内」と定めるのは、危険が大きいと言えます。

 

と言うのは、先程も書きましたように、提出書類の中には、誓約書や身元
保証書等、今後の雇用関係に重大な影響を及ぼす書類も含まれています。

 

もし、仮にそのような書類の内容が、採用段階で把握していた内容と
異なった場合、最悪、解雇に発展するケースもあります。

 

ところで、労働基準法では、従業員を解雇する場合には、解雇予告手当
として、1ヶ月分の給料を支払うか30日以上に予告しなければならない、

と定められています。

 

しかし、この解雇予告手当の規定には、例外の規定が定められていて、
14日以内に従業員を解雇する場合には、この解雇予告手当が不要と

なります。(ただし、解雇する理由の正当性の問題は別となります。)

 

ですから、入社後の必要書類の提出期限を、入社後2週間以内と定めて
しまうと、2週間後に提出された書類により、経歴詐称等の重大な問題が

発覚して、解雇しなければならない場合でも、解雇予告手当の支払いが
必要となってきてしまうのです。

 

ですから、この危険性を考慮すると、入社時の必要書類の提出期限は、
入社後、5日から1週間以内程度とすることをお勧めします。
 
 
◆その他の就業規則と労働トラブル防止はこちら

 

佐々木さん3

banner02

banner_muryo

Return Top