就業規則作成・変更サービス―静岡/東京 │ 実績100社以上

就業規則作成・変更サービス

静岡/東京/神奈川/千葉/埼玉/愛知

オフィスまつもと/LMコンサルティング電話受付

Q121 平均賃金の最低保障額とは・・・?

-就業規則について不安はありませんか?こちらをクリックするとその不安が解消されます↓↓↓-
banner02-3

【質問】

「平均賃金には、最低保障額があると聞いたのですが、具体的にはどのように計算すれば
良いのでしょうか?」

【回答】

IMG_3071-7「給料が、時間給、日給等で支払われている場合には、実際に労働した日数等を用いて
平均賃金の最低保障額を算出します。」

【解説】

a0001_011517_m前回、お話しましたように、平均賃金は、原則として
平均賃金を算出する事由の発生した日以前3か月間に、

その従業員に支払われた賃金の総額を、その期間の
暦日数で除して計算します。

そして、賃金締切日が有る場合には、平均賃金を算出
する事由の発生した日の直前の賃金締切日以前3ヶ月間

の賃金総額を用いて平均賃金を算出します。

 

しかし、この計算方法の場合、給料が時給や日給等で支払われ
ている場合には、休日や欠勤日数等が多いと、平均賃金の額が

減少してしまう可能性があります。

 

欠勤はともかく、休日については、従業員自身の問題では無い
ので、平均賃金を計算する際に、たまたま年末年始やお盆休暇

等労働日数が少ない月が入っていると、労働者にとっては、不
条理となってしまいますので、労働基準法では、平均賃金につ

いて最低保障額を定めています。

詳しくはこちら
>>「平均賃金の最低保障額とは・・・?」

 
 

労務管理知識を無理なく習得! 無料メールセミナー「労務365日」

04

難解な労務管理知識をわかりやすく解説してあります。
毎日わずか3分で、しかも無料で正しい労務管理知識を習得でき、あなたの会社が益々発展します。
登録はこちらをクリック
>>無料メールセミナー「労務365日」

無料相談実施中!

CIMG4475
当事務所では、労務管理に関する無料相談を行って
おりますので、労務管理に関するご質問等ありました

らお気軽にご相談下さい。

(東京)03-5962-8568
(静岡)053-474-8562
対応時間:9:00~18:00(月~金)  休日:土日祝日

なお、メールでのお問い合わせはお問い合わせフォーム(メールフォーム)をご利用ください。
(※メールでお問い合わせの場合は、必ず電話番号をご記入下さい。法律解釈の誤解が
生じてしまう恐れがありますので、メールでのご回答はいたしておりませんので、ご了承下
さい。)

banner_muryo

Return Top